« 英国:GCHQによる通信傍受はNSAによる通信傍受よりもひどい? | トップページ | 船舶の航行(航跡)を探知するためのAutomatic Identification System (AIS) は旧式であり重大な脆弱性があるとの指摘 »

2013年10月19日 (土曜日)

米軍によるドローン(無人航空機)を用いたアフガニスタン等での攻撃の合法性に関する議論

下記の記事が出ている。

 UN investigator presses US to publish drone attack data
 BBC: 18 October, 2013
 http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-24583909

[追記:2013年10月21日]

関連記事を追加する。

 Documents reveal NSA's extensive involvement in targeted killing program
 Washington Post: October 17, 2013
 http://www.washingtonpost.com/world/national-security/documents-reveal-nsas-extensive-involvement-in-targeted-killing-program/2013/10/16/29775278-3674-11e3-8a0e-4e2cf80831fc_story.html

[このブログ内の関連記事]

 米国:アメリカ合衆国は,十分な根拠がなくても,アルカイダの疑いがあれば,世界中どこでも,ドローン(無人航空機)によって攻撃し,殺すことができる
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-ae67.html

 米国:「ドローン(ロボット飛行機)によるリモート殺人はどうして許されるのか?」に関する議論
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-43f2.html

 米国:世界各地でdrone(無人航空機)による攻撃を継続
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/drone-3859.html

 米国CIAが,サウジアラビア領土内に,過去2年間にわたり,ドローン(無人航空機)発着用の秘密基地を設営していたことが発覚
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/cia2-33f0.html

 ドローン(無人航空機)を用いた攻撃では,意図的に民間人を殺傷した場合でも,そのドローンを遠隔操作していた兵士を特定することが難しく,戦争犯罪の責任を問うことが難しくなるとの指摘
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-f953.html

 米国:ドローン(無人航空機)による上空からの監視などの警察活動に対する批判
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b616.html

|

« 英国:GCHQによる通信傍受はNSAによる通信傍受よりもひどい? | トップページ | 船舶の航行(航跡)を探知するためのAutomatic Identification System (AIS) は旧式であり重大な脆弱性があるとの指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国:GCHQによる通信傍受はNSAによる通信傍受よりもひどい? | トップページ | 船舶の航行(航跡)を探知するためのAutomatic Identification System (AIS) は旧式であり重大な脆弱性があるとの指摘 »