« サイバー犯罪の研究(五)-サイバーテロ及びサイバー戦に関する比較法的検討 | トップページ | マルウェアを感染させる偽のDropboxメール »

2013年10月25日 (金曜日)

phpのオフィシャルWebサイトがハックされ,マルウェア汚染されていたらしい

下記の記事が出ている。

 Hackers compromise official PHP website, infect visitors with malware (updated)
 ars technica: October 25, 2013
 http://arstechnica.com/security/2013/10/hackers-compromise-official-php-website-infect-visitors-with-malware/

[追記:2013年10月26日]

関連記事を追加する。

 Google Blocks PHP.net – Claims it Serves Malware
 infoSecurity: 25 October 2013
 http://www.infosecurity-magazine.com/view/35261/google-blocks-phpnet-claims-it-serves-malware/

|

« サイバー犯罪の研究(五)-サイバーテロ及びサイバー戦に関する比較法的検討 | トップページ | マルウェアを感染させる偽のDropboxメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイバー犯罪の研究(五)-サイバーテロ及びサイバー戦に関する比較法的検討 | トップページ | マルウェアを感染させる偽のDropboxメール »