« 米国:ITCの輸入禁止措置に対する異議が却下された結果,韓国Samsungの製品の輸入禁止が実施される見込み | トップページ | 警察はどうやって違法薬物サイトを捜しているのか? »

2013年10月 9日 (水曜日)

MSAの巨大データベースは電源系トラブルが弱点-異常高電圧の発生により破損事故が続出

下記の記事が出ている。

 Power surges 'cripple NSA data centre'
 BBC: 8 October, 2013
 http://www.bbc.co.uk/news/technology-24443266

機密文書の管理が紙の書類で行われている場合でも似たようなことはしばしば起きる。例えば,紙の文書の倉庫等の管理が悪くて文書が湿気やカビなどで汚損してしまう事例や放火により焼損してしまう事例は結構頻繁にある。また,とりわけ情報公開請求などがあり現実に公開する段となると,なぜか管理ミスで廃棄処分にされてしまっていたことが判明するといった事例もしばしばある。世界各国どこでもあまり変わりがない。

|

« 米国:ITCの輸入禁止措置に対する異議が却下された結果,韓国Samsungの製品の輸入禁止が実施される見込み | トップページ | 警察はどうやって違法薬物サイトを捜しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:ITCの輸入禁止措置に対する異議が却下された結果,韓国Samsungの製品の輸入禁止が実施される見込み | トップページ | 警察はどうやって違法薬物サイトを捜しているのか? »