« NSAのPRISM協力企業の帰趨 | トップページ | 企業や個人が保有しているスマートフォンなどのモバイルのうち80パーセント以上がマルウェアに対して無防備との調査結果 »

2013年10月11日 (金曜日)

米国:連邦政府のITシステムはどうして何度も深刻なトラブルを発生させるのか?

下記の記事が出ている。

 Why US government IT fails so hard, so often
 ars technica: October 10, 2013
 http://arstechnica.com/information-technology/2013/10/why-us-government-it-fails-so-hard-so-often/

米国だけの問題ではないように思う。

現実に,日本の官公庁や自治体では古いバージョンのPCやOSがまだまだ非常に多数使用されており,予算の関係から更新不可能な状況に陥っている。

ハッキング(不正アクセス)が発生する原因の一端はここらへんにもありそうだ。

|

« NSAのPRISM協力企業の帰趨 | トップページ | 企業や個人が保有しているスマートフォンなどのモバイルのうち80パーセント以上がマルウェアに対して無防備との調査結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NSAのPRISM協力企業の帰趨 | トップページ | 企業や個人が保有しているスマートフォンなどのモバイルのうち80パーセント以上がマルウェアに対して無防備との調査結果 »