« ワイヤレスUSB | トップページ | 米国:連邦弟9巡回区控訴裁判所が,Google Street Viewによる通信傍受について,Googleの免責を認めず,プライバシーの利益を侵害したとの判決 »

2013年9月11日 (水曜日)

Windowsマシンの81パーセントはJavaの脆弱性を抱えたままとの調査結果

下記の記事が出ている。

 Vast Majority of PCs have Java Vulnerabilities
 infoSecurity: 10 September, 2013
 http://www.infosecurity-magazine.com/view/34451/vast-majority-of-pcs-have-java-vulnerabilities-/

現実問題として,組織内でWindowsマシンを利用している場合,エンドユーザにはセキュリティアップデートの権限がないので,脆弱性を抱えたままになってしまうことが多い。当該組織において端末装置の脆弱性解消のための予算やマンパワーが不足している場合には必然的にそうなってしまう。この問題は,単純にクラウドに切り替えても解消できない。

[追記:2013年9月12日]

関連記事を追加する。

 Security of Java takes a dangerous turn for the worse, experts say
 ars technioca: September 12, 2013
 http://arstechnica.com/security/2013/09/security-of-java-takes-a-dangerous-turn-for-the-worse-experts-say/

|

« ワイヤレスUSB | トップページ | 米国:連邦弟9巡回区控訴裁判所が,Google Street Viewによる通信傍受について,Googleの免責を認めず,プライバシーの利益を侵害したとの判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイヤレスUSB | トップページ | 米国:連邦弟9巡回区控訴裁判所が,Google Street Viewによる通信傍受について,Googleの免責を認めず,プライバシーの利益を侵害したとの判決 »