« ドイツ:Siemensが大規模人員削減 | トップページ | 英国:サイバー国防の要員として優秀なハッカーを募集? »

2013年9月30日 (月曜日)

ビッグデータがあっても使えない?

下記の記事が出ている。

 The dismal failure of 'Big Data'
 ZDNet: September 28, 2013
 http://www.zdnet.com/the-dismal-failure-of-big-data-7000021296/

理論(仮説)をデータに適用するだけの行為を「解析」だと勘違いしている者には使いこなせるわけがない。

データ全部を見渡して,法則を発見できるタイプの頭脳をもった者にしか使いこなせない。

何年も勉強してやっと古い理論を理解し学位をとるという程度の頭脳では全く歯がたたない世界だ。

現時点の状況下においては,学位や経歴・学歴等は100パーセント何の意味も持たない(正確には,学位論文を読んでみると,古い理論(仮説)にこだわるタイプの者かどうかを判別することができる場合がある。つまり,採用拒否の判断材料としては使える。)。

そうではなく,極めて突飛な発想であっても,事実を直視して仮説をどんどん構築できるようなタイプの才能ある者を探索するほうが企業にとって意味があるだろうと思う。

要するに「解析学」は成立しない。

|

« ドイツ:Siemensが大規模人員削減 | トップページ | 英国:サイバー国防の要員として優秀なハッカーを募集? »

コメント

立山紘毅 先生

私のカンピュータは加齢によりだいぶ劣化が進んで・・・(とほほ)

それはさておき,最近,学生が提出するレポート等の採点基準を厳格化することにしました。

知識を羅列するだけで何ら意見も考察も含まれていないものは(以前は温情で可としておりましたが)情け容赦なく不可とすることにしました。

間違っていても,ある仮説をたて,それを論証するために苦心した形跡がみえるものは,可または良とします。

そういう人材が必要なので,指導教授の見解を完全に暗記しただけのコピー人間のような人材は,まったく役に立ちません。かつては機械的な労働者としてそのような人材が必要だったかもしれませんが,現在では機械的労働は全て文字通り機械(ロボット)によって置き換えられてしまっているので,現代社会では全く必要ないです。

なお,誤解のないように付言しておくと,素人目には機械的労働のように見えても実はそうではなく,芸に属するものがあります。これは,才能なしには無理な仕事なので,教育によって養ったり機械によって置き換えたりできるものではありません。経営学者やインチキ評論家等の中には芸の本質を理解することができず,全部一律に考えてしまう馬鹿者がおりますが,そういう人々が世界を悪くしていることは否定できないと思います。

投稿: 夏井高人 | 2013年10月 2日 (水曜日) 07時32分

夏井高人 先生

 私はいつも「コンピューターよりカンピューター」と言っています。アメリカ帰りのMBAなどをひけらかす輩からは、間違いなく小馬鹿にされる議論でしょうが、そういう連中はだいたいにおいて「カンピューター」が機能不全、あるいは全く欠失していますね。

 だから明日も平然と「コンピューターよりカンピューター」と言って、多変量解析を振り回すしか能のない連中を黙らせます(^_^;)

*歪んでるなぁ、根性が(笑)*

投稿: 立山紘毅 | 2013年10月 1日 (火曜日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツ:Siemensが大規模人員削減 | トップページ | 英国:サイバー国防の要員として優秀なハッカーを募集? »