« 警察庁:平成25年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について | トップページ | ディレクトリ及びレビューサイトYELPが,評価結果の4分の1がインチキであることを認める »

2013年9月27日 (金曜日)

Mary McThomas, The Dual System of Privacy Rights in the United States

注文していた下記の書籍が届いたので読んでみた。

 The Dual System of Privacy Rights in the United States
 Mary McThomas
 Routledge (December 13, 2012)
 ISBN-13: 978-0415657433
 http://www.amazon.com/System-Privacy-Rights-United-Politics/dp/0415657431

着想は面白いと思った。ただ,法解釈学というよりは法社会学に属する書籍かもしれない。

これまであまり考えたことがなかったのだけれど「既婚・未婚」という情報はプライバシーの利益に含まれるかどうかという課題について,米国における裁判例等の検討を踏まえてかなり詳細に論じられており,非常に興味深く読んだ。

|

« 警察庁:平成25年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について | トップページ | ディレクトリ及びレビューサイトYELPが,評価結果の4分の1がインチキであることを認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 警察庁:平成25年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について | トップページ | ディレクトリ及びレビューサイトYELPが,評価結果の4分の1がインチキであることを認める »