« 米国:Drone(無人航空機)として遠隔操縦型に改造されたF16戦闘機の試験飛行 | トップページ | 米国:FDAが医療関係アプリの規制強化? »

2013年9月25日 (水曜日)

iPhoneの指紋認証システムは,猫の足や女性の乳首など何でも作動・機能してしまう欠陥品?

下記の記事が出ている。

 The iPhone 36C: After cat paws and human toes, Apple 5S owners are now using their NIPPLES to unlock the device's fingerprint scanner
 Daily Mail: 24 September, 2013
 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2430654/iPhone-5S-owners-using-NIPPLES-unlock-devices-fingerprint-scanner.html

「指紋認証」という以上は,「人間の指紋」以外には一切反応しない」ということが絶対不可欠の必須要素となる。

もしそうでないとすれば,この製品は,虚偽の機能を重要な機能として表示しているものであり,景表法違反の違法製品であることになる。

理論的には,出荷された全製品についてリコールと返金が実行されるべきだろう。

しかし,日本の消費者庁は,沈黙するかもしれない。

それはさておき,これからしばらくの間,指紋以外の様々なもので認証可能かどうか試してみることが大流行するかもしれない。

これは,iPhoneだけの問題ではないので,全ての指紋認証機能について試してみるだけの価値があると考える。


[このブログ内の関連記事]

 指紋認証の終焉-他人の指紋データを極めて簡単に盗み取る方法
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-69d0.html

|

« 米国:Drone(無人航空機)として遠隔操縦型に改造されたF16戦闘機の試験飛行 | トップページ | 米国:FDAが医療関係アプリの規制強化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:Drone(無人航空機)として遠隔操縦型に改造されたF16戦闘機の試験飛行 | トップページ | 米国:FDAが医療関係アプリの規制強化? »