« 不正アクセス禁止法のジレンマ的な謎-法の実効性をゼロにする最大の要素 | トップページ | 米国:NSAは,第2のSnowdenの出現を阻止することができるか? »

2013年8月11日 (日曜日)

地上を撮影する宇宙衛星技術の極度の高度化によりプライバシーが消滅

下記の記事が出ている。

 Microsatellites: What Big Eyes They Have
 New York Times: August 10, 2013
 http://www.nytimes.com/2013/08/11/business/microsatellites-what-big-eyes-they-have.html

もう既にそうなのだと思う。

とは言え,宇宙衛星は常時頭上に静止しているわけではない。

いざとなると軍や警察のヘリコプターあるいは飛行型ドローンが飛んできて直接に目視したりすることがあるようだ。

実弾を装填した銃砲を装備しているので,かなり怖い。

|

« 不正アクセス禁止法のジレンマ的な謎-法の実効性をゼロにする最大の要素 | トップページ | 米国:NSAは,第2のSnowdenの出現を阻止することができるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不正アクセス禁止法のジレンマ的な謎-法の実効性をゼロにする最大の要素 | トップページ | 米国:NSAは,第2のSnowdenの出現を阻止することができるか? »