« 米国:第5巡回区連邦控訴裁判所が,諜報機関や捜査機関による令状なしの通信傍受を合憲との判決 | トップページ | 米国:NSAによる通信傍受に関する機密文書の一部について,連邦政府が秘扱いを解除して公開 »

2013年8月 1日 (木曜日)

米国:諜報機関がTwitterに対して利用者の個人識別のために大量のデータ開示を求め続けている

下記の記事が出ている。

 Twitter transparency report shows growing government demand for data
 Washington Post: August 1, 2013
 http://www.washingtonpost.com/business/technology/twitter-transparency-report-shows-growing-government-demand-for-data/2013/07/31/b052e508-f9ea-11e2-8752-b41d7ed1f685_story.html

要するに,世界中から「通信の秘密」は消滅したと考えるべきなのだろうと思う。

インターネット上では「機密性」を確保することができない。

|

« 米国:第5巡回区連邦控訴裁判所が,諜報機関や捜査機関による令状なしの通信傍受を合憲との判決 | トップページ | 米国:NSAによる通信傍受に関する機密文書の一部について,連邦政府が秘扱いを解除して公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:第5巡回区連邦控訴裁判所が,諜報機関や捜査機関による令状なしの通信傍受を合憲との判決 | トップページ | 米国:NSAによる通信傍受に関する機密文書の一部について,連邦政府が秘扱いを解除して公開 »