« ソーシャルメディア(SNS)は,サイバー犯罪者が利用者クレジットカード情報等を奪い取るための草刈場になっているとの指摘 | トップページ | 中国:Snowden氏の顔が商標化? »

2013年8月17日 (土曜日)

Al-QaedaがTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを利用して勧誘行為を行っているとの指摘

下記の記事が出ている。

 Wait, what? Twitter is a terrorist?
 Naked Security: August 16, 2013
 http://nakedsecurity.sophos.com/2013/08/16/wait-what-twitter-is-a-terrorist/

日本でそのような実例があるのかどうかについては知らない。

しかし,日本においても,いわゆるカルト系,政治セクト,暴力団等から巧みな勧誘がなされることがあることは事実だと思われる。

更に,先日の「パーナさん騒動」にみられるような混乱は日常茶飯事的な出来事となってきている。

結局,非デジタルの情報源によって確実性を確認できる者とだけ通信できるように設定しておくのが妥当ということになるのだろう。ただし,そのような設定内容をいとも簡単にハックされてしまうことになるだろうと想定されるので,結局,このような方法を使ってもあまり意味がないかもしれない。

まあ,要するに,一切使わないというのが一番安全だ。

|

« ソーシャルメディア(SNS)は,サイバー犯罪者が利用者クレジットカード情報等を奪い取るための草刈場になっているとの指摘 | トップページ | 中国:Snowden氏の顔が商標化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソーシャルメディア(SNS)は,サイバー犯罪者が利用者クレジットカード情報等を奪い取るための草刈場になっているとの指摘 | トップページ | 中国:Snowden氏の顔が商標化? »