« Facebookのマルウェア自動検出システムの誤検出によりサードパーティが提供する適正なアプリが機能停止とされてしまったらしい | トップページ | スイス:偽警官詐欺 »

2013年8月17日 (土曜日)

偽のAdobe Flash Playerアップデート

下記の記事が出ている。

 Fake Adobe Flash Player update extension serves salacious spam ads
 SC Magazine: August 16, 2013
 http://www.scmagazine.com/fake-adobe-flash-player-update-extension-serves-salacious-spam-ads/article/307765/

|

« Facebookのマルウェア自動検出システムの誤検出によりサードパーティが提供する適正なアプリが機能停止とされてしまったらしい | トップページ | スイス:偽警官詐欺 »

コメント

安全マークさん

10日もたてば危険になっている確率が格段に高まるので,安全性を保証しないことそれ自体については債務不履行はないと思います。

もし何らかの意味での懈怠があるとすれば,Symantecが1時間毎に世界の全てのサイトやコンテンツの安全性を確認し信頼度データを更新していないというあたりに求めることができないわけではないと思われますが,そもそもそんなことは不可能だということを一応措くとしても,Symantecがやっていることは個々の利用者との間の契約に基づくものではなく,Symantecが契約の有無とは関係なしにやっていることなので,結局,債務不履行は成立しないという結論になりそうです。

ただし,重大な懈怠がある場合に,債務不履行とは別に,不法行為責任が生ずることは(少なくとも理論上では)あり得ることだと考えられます。

投稿: 夏井高人 | 2013年8月18日 (日曜日) 11時35分

Norton Internet Securityは使用期限が近づくとセーフウェブの安全マークを表示させなくするようです。この現象は概ね使用期限残り10日位から生じますね。

暗号化ファイルへも悪影響を引き起こします。

このシマンテックのやり方は、債務不履行にあたりますよね。消費者を騙す詐欺です。使用期限は1日たりとも完全に履行すべきであり、それを意図的に履行しなかった場合債務不履行です。

投稿: 安全マーク | 2013年8月18日 (日曜日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Facebookのマルウェア自動検出システムの誤検出によりサードパーティが提供する適正なアプリが機能停止とされてしまったらしい | トップページ | スイス:偽警官詐欺 »