« 警察庁:特殊詐欺の認知・検挙状況等について(平成25年1月~3月) | トップページ | SNSなどで親が子供の行動を監視することは本当に可能なことなのか? »

2013年5月 5日 (日曜日)

SpyEyeというマルウェア(トロイの木馬)を作成・販売したとの容疑によりタイで逮捕された者が米国へ移送-米国で起訴される見込み

下記の記事が出ている。

 Alleged SpyEye Trojan Developer Extradited to United States
 eSecurity Planet: May 3, 2013
 http://www.esecurityplanet.com/malware/alleged-spyeye-trojan-developer-extradited-to-united-states.html

|

« 警察庁:特殊詐欺の認知・検挙状況等について(平成25年1月~3月) | トップページ | SNSなどで親が子供の行動を監視することは本当に可能なことなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 警察庁:特殊詐欺の認知・検挙状況等について(平成25年1月~3月) | トップページ | SNSなどで親が子供の行動を監視することは本当に可能なことなのか? »