« SpyEyeというマルウェア(トロイの木馬)を作成・販売したとの容疑によりタイで逮捕された者が米国へ移送-米国で起訴される見込み | トップページ | IBMのオープンソースの新暗号方式HELib »

2013年5月 5日 (日曜日)

SNSなどで親が子供の行動を監視することは本当に可能なことなのか?

下記の記事が出ている。もっともだと思う。

 Cyberparenting and the Risk of T.M.I.
 New York Times: May 3, 2013
 http://www.nytimes.com/2013/05/05/fashion/cyber-parents-accessing-perhaps-tmi.html

ちなみに,あくまでも一般論だが,監視側の判断能力が監視される側の判断能力よりも著しく劣っている場合には監視が成立しようがないのだが,現在の各種システムは監視側の人間の能力が優越していることを前提にして構築されているから,だから失敗してしまうのだ。

|

« SpyEyeというマルウェア(トロイの木馬)を作成・販売したとの容疑によりタイで逮捕された者が米国へ移送-米国で起訴される見込み | トップページ | IBMのオープンソースの新暗号方式HELib »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SpyEyeというマルウェア(トロイの木馬)を作成・販売したとの容疑によりタイで逮捕された者が米国へ移送-米国で起訴される見込み | トップページ | IBMのオープンソースの新暗号方式HELib »