« 暗号化されたMicrosoft Excelを用いたマルウェア感染 | トップページ | 東京国税局:出会い系サイト運営者らを脱税の疑いで東京地検に告発 »

2013年4月12日 (金曜日)

自動車の修理

車検時期なのでディーラーに依頼した。

重要なコンピュータ制御装置に故障があるとの警告ランプも出ていたのでその検査等も依頼した。

結果として,故障しているとのことだった。

無償修理保証期間を経過しているので有償の修理となる。安くない。

私としては,非常に重要な装置であり,しかも,(担当者に質問したところ)他に故障例がないという説明だったので,無償修理保証期間とは無関係に,無償で修理すべきだと伝えた。要するに「欠陥」という認識だ。普通は故障するはずのない装置だからだ。

担当者は,メーカーと相談してから返答するとのことだった。

私は,メーカーとしては「欠陥」だとは認めないだろうと予測している。

もちろん,その場合,修理しないで返却してもらった上で,監督官庁等にクルマを持ち込んで徹底的に調べてもらうつもりだ。

私は,クレーマーではない。

しかし,筋の通らないことは許さない。

何ヵ月か後には,リコールになっていることだろう。

************************************

(余談)

私は,同じ会社のクルマを購入し続けている。型式は当然異なるけれども,これで3台目だ。

そして,運が良いというのか悪いというのかわからないけれど,欠陥に遭遇したことがある。

走行中に,突然,エンジン停止となった。

原因は,発電機に欠陥があり(正確には,発電機の放熱の仕組みに欠陥があり),過熱すると発電しなくなるためエンジンも停止してしまうというものだった。

担当者(当時)の説明によれば,発電機をとりはずし,ドイツの本社まで輸送して調べた結果判明したとのこと。

世界初の事例で,それまでそのようなトラブルが起きたことはなかったとの説明を受けた。

発電機は新型のものと無償交換となった。後に,同型車全部がリコールとなった。

このような体験をするドライバーは滅多にいないだろうと思う。

しかし,私は,そうなのだ。

いろんな意味で,不思議な運勢の下に生まれてしまったということなのだろう。

|

« 暗号化されたMicrosoft Excelを用いたマルウェア感染 | トップページ | 東京国税局:出会い系サイト運営者らを脱税の疑いで東京地検に告発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暗号化されたMicrosoft Excelを用いたマルウェア感染 | トップページ | 東京国税局:出会い系サイト運営者らを脱税の疑いで東京地検に告発 »