« マルウェア汚染によって海底油田の掘削装置やプラットフォームが機能停止となるおそれ | トップページ | 共同通信の編集・配信システムでトラブル発生 »

2013年2月24日 (日曜日)

米中間でデジタル冷戦の開始か?

下記の記事が出ている。

 The New Cold War: America prepares to make a digital attack on China
 Global Research: February 24, 2013
 http://www.globalresearch.ca/the-new-cold-war-america-prepares-to-make-a-digital-attack-on-china/5324099

間に挟まれている日本の対応は非常に難しい・・・

どういうことになるかわからないが,企業経営者としては最悪の事態を想定しながら企業経営をしなければならない。

最悪の事態に至らないで終わることを切に祈る。

[追記:2013年2月26日]

関連記事を追加する。今日も極寒だ。

 A New Cold War, in Cyberspace, Tests U.S. Ties to China
 New York Times: February 24, 2013
 http://www.nytimes.com/2013/02/25/world/asia/us-confronts-cyber-cold-war-with-china.html

[このブログ内の関連記事]

 米国:サイバー攻撃が無限定に拡大し続けており,その緊張度は冷戦当時レベルだとの連邦政府の見解
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-1268.html

 サイバー冷戦
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-3a03.html

 サイバー冷戦(Cyber Cold War)
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/cyber-cold-war-.html

|

« マルウェア汚染によって海底油田の掘削装置やプラットフォームが機能停止となるおそれ | トップページ | 共同通信の編集・配信システムでトラブル発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルウェア汚染によって海底油田の掘削装置やプラットフォームが機能停止となるおそれ | トップページ | 共同通信の編集・配信システムでトラブル発生 »