« 米国:DARPAが,ビッグデータを高速に自動解析するためのプログラム言語Pythonの開発を強力に支援 | トップページ | クラウドコンピューティングサービスプロバイダに対するDDoS攻撃が増加-小規模事業者では対応が不十分との指摘 »

2013年2月 7日 (木曜日)

中国はPCが世界中で最もマルウェアに汚染されている国?

下記の記事が出ている。

 China is world's most malware-ridden nation
 Register: 7 February, 2013
 http://www.theregister.co.uk/2013/02/07/panda_china_most_infected_pcs/

中国政府によってインストールが義務付けられているフィルタソフト(Green Dam)は,官製なのでマルウェアとは呼ばないのだろうけれど,もしこれも含めるとすれば,ほぼ100パーセントということになりそうだ。


[このブログ内の関連記事]

 フィルタリングソフトGreen Damを通じて莫大な量のソフトウェアのコードを盗み著作権を侵害したとして,米国企業が中国政府と中国企業に対し提訴
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/green-dam-9de9.html

 中国:フィルタリングソフトのインストール強制を予定どおり実施
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-789e.html

 中国のフィルタリング政策に非難の嵐
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-906a.html

|

« 米国:DARPAが,ビッグデータを高速に自動解析するためのプログラム言語Pythonの開発を強力に支援 | トップページ | クラウドコンピューティングサービスプロバイダに対するDDoS攻撃が増加-小規模事業者では対応が不十分との指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:DARPAが,ビッグデータを高速に自動解析するためのプログラム言語Pythonの開発を強力に支援 | トップページ | クラウドコンピューティングサービスプロバイダに対するDDoS攻撃が増加-小規模事業者では対応が不十分との指摘 »