« cURLの脆弱性 | トップページ | Smart TVの問題点 »

2013年2月11日 (月曜日)

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア(SNS)で利用者の詳細な行動履歴を記録・収集する機能を強化

下記の記事が出ている。

 Warning over social networking 'snooping' technology
 Telegraph: 10 February, 2013
 http://www.telegraph.co.uk/technology/news/9861155/Warning-over-social-networking-snooping-technology.html

人間なら「他人の噂も75日」・・・電子記録では「不滅」となるか・・・

忘却することは,実は社会の安定のために大いに役立っている。それなしには,過去の記憶が更に悪い方向に増幅され,永遠に憎しみ合いや殺し合いが続くことになる。

忘却してしまうことが大事だ。

[このブログ内の関連記事]

 Facebookの利用者位置情報追跡アプリ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/facebook-5d8c.html

 米国:Verizonがモバイル利用者の行動履歴データ(位置情報,Web訪問履歴等)の販売を開始?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/verizonweb-fea6.html

 英国:GoogleがiPhone利用者のインターネット上での行動履歴を利用者の事前の承諾なしにスパイ(トラッキング)していたとして,大規模訴訟が提起される見込み
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/googleiphone-67.html

 Microsoftが,Googleに対し,Gmailは電子メールの内容をスキャンして利用者のプライバシーを侵害しているとして厳しく批判
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/microsoftgoogle.html

|

« cURLの脆弱性 | トップページ | Smart TVの問題点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« cURLの脆弱性 | トップページ | Smart TVの問題点 »