« Javaのアップデートを装ってマルウェアを感染させる攻撃手法 | トップページ | 近未来の入試カンニング »

2013年2月11日 (月曜日)

米国:民間のネットワークサービス中の約95パーセントが中国及びイランによってハックされ得る状態にあるとの連邦議会下院諜報委員長の見解

下記の記事が出ている。

 House Intelligence Committee head worries about US vulnerability to devastating cyberattacks
 Washington Post: February 11, 2013
 http://www.washingtonpost.com/politics/congress/house-intelligence-committee-head-worries-about-us-vulnerability-to-devastating-cyberattacks/2013/02/10/1814acae-73b2-11e2-9889-60bfcbb02149_story.html

 Almost all US networks can be hacked: Intelligence Committee
 ZDNet: February 11, 2013
 http://www.zdnet.com/almost-all-us-networks-can-be-hacked-intelligence-committee-7000011101/

なお,次のような記事も出ている。

 Supervisor of Intelligence Estimate Hailed for Preventing War with Iran
 Real News: February 2, 2013
 http://therealnews.com/t2/index.php?option=com_content&task=view&id=31&Itemid=74&jumival=9591

|

« Javaのアップデートを装ってマルウェアを感染させる攻撃手法 | トップページ | 近未来の入試カンニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Javaのアップデートを装ってマルウェアを感染させる攻撃手法 | トップページ | 近未来の入試カンニング »