« 今宵の空は | トップページ | Huawei(華為)のパートナー企業であるSkycom Tech Co Ltdが,経済制裁に違反して,ネットワークシステムを構築するのに用いるHP製サーバ等をイランに不正輸出 »

2013年1月 1日 (火曜日)

謹賀新年

本年もよろしくお願いします。

************************************

さて,新年早々,妙な夢を見ている途中で目覚めた。

どこかの教室のような場所だった。

よく知っている大学教授がずらりとそろっているところで議論をしている。

電子署名に関するものだった。

ある仕組みが今後有望だから導入すべきだという議論だった。

私も発言し,その仕組みを導入した場合の問題点を指摘した上で,それでもあえて導入を強行するのであれば,それを推進した学者も製造物責任のようなものとして損害賠償責任を負うべきではないかときついことを言うと,一気に場の雰囲気がしらけたものとなった。

他に発言がなくなり,冷たい視線が私に集中する。

口には出さないが,みんな「誰でもそう思っているのに表立っては言わないだけだ。何でお前だけがそうやって問題点を指摘したがるんだ。」ということを言いたいのがわかる。

とにかくしらけてしまったし誰も反論できない状況だったので,議長が,議論を終了することを宣言した。そして,「では,このとりまとめは夏井さんがやってもらえますね」と述べる。

私は,怒り出した。

「この議論を取りまとめて文書化するのは,私ではなくA先生の仕事ではないですか?そのようになっているというから参加したんですが・・・」

そのA先生は,私に論駁されてしまった推進論の論者だった。法学理論研究者というよりも特定の企業のエージェントのようなもので,自分の理論的敗北を認めるような文書など書く気はさらさらない。とにかく,学問的真理よりも金や名誉や地位のようなものを重視する人間だと私は評価している。

会場の雰囲気がさらにしらけたものとなったところで目が覚めた。

今年一年,かくあるものなのだろうか?

|

« 今宵の空は | トップページ | Huawei(華為)のパートナー企業であるSkycom Tech Co Ltdが,経済制裁に違反して,ネットワークシステムを構築するのに用いるHP製サーバ等をイランに不正輸出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今宵の空は | トップページ | Huawei(華為)のパートナー企業であるSkycom Tech Co Ltdが,経済制裁に違反して,ネットワークシステムを構築するのに用いるHP製サーバ等をイランに不正輸出 »