« 企業経営者の88パーセントは自分の会社のシステムには脆弱性がないと考えているとの調査結果-現実には6割の企業が攻撃を受けている | トップページ | スマートウォッチ »

2013年1月10日 (木曜日)

中国:もし日本と交戦すれば・・・

もちろん,中国が世界中の市場から閉め出され,経済が窒息し,自滅するしかなくなる。

現在の中国の指導者達はそのことをよくわかっている。

わかっていても,国内の過激な意見を抑えることができない。

政治的な負の遺産を引きずっていること,そして,何よりも資源の枯渇問題(=人民が餓える。)という問題があることがその最大の原因だ。そして,これらを解決できなければ,自分の政治生命が危ない。

現在の軍事力の差からすれば,日本が核兵器によって一瞬で滅んでしまうことは明らかだ。

しかしながら,現在の世界は,モンゴル人がユーラシア大陸に広大な世界帝国を築いた時代とは根本的に異なった世界になっている。

現代の世界では,信用を支配することができなければ,経済的には死滅するしかない。

そのことを理解してもらいたいものだと思う。

そして,世の中にははっきりさせたほうがよいことと,不満でも当面は曖昧なままにしておいたほうがよいこととの2つがある。

その判断を誤ると,破滅という悪魔が口をあけることになる。

|

« 企業経営者の88パーセントは自分の会社のシステムには脆弱性がないと考えているとの調査結果-現実には6割の企業が攻撃を受けている | トップページ | スマートウォッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 企業経営者の88パーセントは自分の会社のシステムには脆弱性がないと考えているとの調査結果-現実には6割の企業が攻撃を受けている | トップページ | スマートウォッチ »