« IPA:重要インフラ情報セキュリティシンポジウム2013 | トップページ | 3Dプリンタによる建物建築計画 »

2013年1月23日 (水曜日)

顔の写真の撮影を阻止する眼鏡

下記の記事が出ている。

 'Privacy visor blocks facial recognition software'
 BBC: 22 January, 2013
 http://www.bbc.co.uk/news/technology-21143017

ちなみに,自動車のナンバープレートについては,認識可能なものとして表示すべき義務があるため,遠赤外線撮影を阻止するフィルタなどを装着することが禁止されている。

顔は,(顔認証として)識別符号の一種になってしまっているわけだが,認識可能とするために顔を露出しなければならない義務を定める法律は存在しないので,この眼鏡は適法だ。

もし,顔の露出を命ずる法律を制定した場合,厳格に戒律を守る敬虔なイスラム教徒等との間で深刻な対立を招き,場合によっては大変な国際紛争を発生させかねない。したがって,そのような顔の露出を命ずる法律は絶対に制定してはならない。

そもそも顔認証などのような人権侵害の程度・危険性が非常に高い識別手段の利用は,さっさとやめてしまうべきだろう。

|

« IPA:重要インフラ情報セキュリティシンポジウム2013 | トップページ | 3Dプリンタによる建物建築計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« IPA:重要インフラ情報セキュリティシンポジウム2013 | トップページ | 3Dプリンタによる建物建築計画 »