« サインするか諦めるか二者択一のみの契約条件(take it or leave it) | トップページ | 英国:コンピュータシミュレーションを利用したバーチャル戦闘訓練 »

2013年1月30日 (水曜日)

結論

全ての問題についてそうだとは言わないが,非常に多くの問題において,万能の答えはない。

どんな結論でも,かなり多数の条件を満たす(限定されている)ときに限り,有効性を有する。

私のところにはいろんな人が来る。その中には「答え」だけ聞きたがる人が少なからず含まれている。

ある「答え」が成立するためには様々な限定条件(制約条件)があるので,一応それを示唆しながら答える。しかし,たいていの場合,「答え」だけ覚えて帰っていく。すると,間違う。その「答え」は,どのような場合にも通用するという意味で万能なものではないからだ。限定条件にはそれなりの意味があり,無視するとひどいことになる。

そこで,条件を全部明記した答えを用意すると,限定文が何十行も続くことになるので覚えきれない。覚えきれないから結論の部分だけ暗記して持ち帰るのかもしれない。しかし,安直に結論の部分だけ持ち帰ってもあまり意味がないだけでなく,逆に失敗することがある。

特に非常に難しい課題の場合にはそうだ。

ぎりぎりのところでかなり厳格に制約条件を設け,その範囲内でのみ有効ということで回答しているつもりなのだけれども,そう受け止めてもらえないことがある。

自分の説明力や表現力の不足ということもあるのだろう。しかし,そうではない場合もありそうだ。

ときどき悲しくなる。

|

« サインするか諦めるか二者択一のみの契約条件(take it or leave it) | トップページ | 英国:コンピュータシミュレーションを利用したバーチャル戦闘訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サインするか諦めるか二者択一のみの契約条件(take it or leave it) | トップページ | 英国:コンピュータシミュレーションを利用したバーチャル戦闘訓練 »