« 3Dプリンタは製造業の敵か?-立体海賊版の夜明け | トップページ | クラウド上でのパスワード管理が甘すぎるとの指摘-退職した従業員によるアクセスなどがある »

2013年1月29日 (火曜日)

オーストラリア:インターネット上の通信内容及び電話による通話内容の全てを記録する連邦政府のデータ保全は,極めて危険との指摘

下記の記事が出ている。

 Aussie data retention so dangerous it's 'dynamite': Berners-Lee
 ZDNet: January 29, 2013
 http://www.zdnet.com/au/aussie-data-retention-so-dangerous-its-dynamite-berners-lee-7000010467/

 Berners-Lee says snoop law could see spies blackmail soldiers
 Register: 29 January, 2013
 http://www.theregister.co.uk/2013/01/29/tim_berners_lee_web_snoop_law_dangerous/

もしデータが奪われたら大変だ・・・ということに尽きる。

政府としては,「安全だ」と回答することだろう。これまた,毎度おなじみの全く根拠のない自信のひとつに過ぎないのだが,その最中にある者にはわからない。

というわけで,例えば,政敵(またはその手先)によってセックススキャンダルや汚職などの情報がリークされるような事態が発生してから,やっと自分の愚かさを知るということになるのだろう。

もちろん,Anonymousのようなグループによる大規模ハッキングはあり得る。

しかし,もっと現実に発生しそうなインシデントは,(意図的なものとしては)自分の身内や仲間だと信じている「誰か」による裏切り行為であり,(意図的でないものとしては)部下の単純ミスだ・・・という古今東西どこにでもざらにある極めて平凡な出来事だということを理解するだけの最小限の知恵はもってもらいたいものだといつも思う。


[このブログ内の関連記事]

 カナダ:利用者や通信事業者が用いる暗号を解除・解読し,バックドアを設ける権限を警察に与える法案
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-8e84.html

|

« 3Dプリンタは製造業の敵か?-立体海賊版の夜明け | トップページ | クラウド上でのパスワード管理が甘すぎるとの指摘-退職した従業員によるアクセスなどがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3Dプリンタは製造業の敵か?-立体海賊版の夜明け | トップページ | クラウド上でのパスワード管理が甘すぎるとの指摘-退職した従業員によるアクセスなどがある »