« 現在のDRM技術はなぜ邪悪なのか? | トップページ | 警察庁:平成24年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について »

2012年9月23日 (日曜日)

Stuxnetがサイバー犯罪者によっても使用されるようになった?

下記の記事が出ている。

 Stuxnet Tricks Copied by Computer Criminals
 Technology Review: September 19, 2012
 http://www.technologyreview.com/news/429173/stuxnet-tricks-copied-by-computer-criminals/


[このブログ内の関連記事]

 Stuxnet的なマルウェアが今後拡大する可能性
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-218e.html

 Flameマルウェアをスパイウェアとして機能させるために,2012年5月までの2年間に35のC&Cサーバが用いられていたとの調査結果
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/flame20125235cc.html

 ShamoonマルウェアはFlameスパイウェアの模倣という見解
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/shamoonflame-49.html

 超強力ワームFlame
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/flame-ab3c.html

 米国:Stuxnetは米国とイスラエルの合作マルウェアであり,ブッシュ政権時代に連邦政府がサイバー攻撃に使用しはじめ,オバマ政権でも継続している事実を,連邦政府が認める
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/stuxnet-b6bf.html

 英国:Stuxnet類似のサイバー兵器を実装し,国際的戦争行為で使用する準備を開始
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/stuxnet-95aa.html

 英国:ロシアと中国をサイバー戦における仮想敵国と想定
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-94bf.html

 英国:新たなサイバー犯罪対策組織を構築
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-4756.html

 ロシア:米国とイスラエルに対し,Stuxnetをサイバー兵器として開発しイランの原子力施設攻撃のために用いたとして強く非難
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/stuxnet-5b94.html

 イラン:革命防衛隊のミサイル基地の爆発事故はStuxnetによるもの?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/stuxnet-65c1.html

 イラン:Duqu(Stuxnet)は統御可能との政府見解
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqustuxnet-d10.html

 Duquの特性
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqu-8470.html

 イラン:Duqu(Stuxnet)は統御可能との政府見解
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqustuxnet-d10.html

 Duqu(Stuxnet)の開発は4年前に始まっていた?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqustuxnet-f16.html

 Duquの感染を検出するオープンソースのツールキット
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqu-ec08.html

 DuquはMicrosoft Wordの既知の脆弱性を利用して感染しているようだ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqumicrosoft-w.html

 Duquは,個人によってではなく,熟達した専門家チームによって作成されたものだとする見解
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/duqu-b7cd.html

 Windows OSにはカーネルにDuquが感染し得る未知の重大な脆弱性がある
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/windows-osduqu-.html

 DuquはStuxnetから派生したマルウェアか?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/duqustuxnet-5cd.html

 Stuxnet(Duqu)に汚染されている国は,イラン,インドネシア,インド?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/stuxnetduqu-f4f.html

 米国:電力各社がStuxnetによる攻撃を受ける危険性があるとの警告
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/stuxnet-5ce5.html

 スマートグリッドは非常に容易にハック可能なものであり,かつ,プライバシー侵害的なものだとの指摘
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-e93f.html

 スマートメーターは容易にハックできるとの指摘
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-d747.html

 米国:敵は内側にいる-DARPAが内部にいるサイバー攻撃者の検出を強化
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/darpa-434e.html

 Stuxnetが復活?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/stuxnet-5c80.html

 Stuxnetがサイバー戦のあり方に与えた影響
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/stuxnet-97da.html

 Stuxnetはイスラエルのサイバー兵器だったと断定する論考がドイツの雑誌に出たようだ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/stuxnet-3cbd.html

 サイバー攻撃用ツール製造企業が急成長?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-0c23.html

|

« 現在のDRM技術はなぜ邪悪なのか? | トップページ | 警察庁:平成24年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現在のDRM技術はなぜ邪悪なのか? | トップページ | 警察庁:平成24年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について »