« NIST EV SSLガイドラインの動向 | トップページ | CCSU(Central Connecticut State University)のセキュリティコースに在籍する学生が,AppleのRemote Desktopにある脆弱性を発見 »

2012年8月27日 (月曜日)

インド:ヒンドゥー教徒人権団体のWebサイトがハックされたようだ

下記の記事が出ている。

 Hindu Human Rights Website Hacked Day After Protest Press Release
 Chakra: August 26, 2012
 http://www.chakranews.com/hindu-human-rights-website-hacked-day-after-protest-press-release/3188

直接的にはイスラム教徒過激派との宗教対立の現われの一つとして理解すべきなのだろうが,それ以上に考えなければならない要素が多々ある。

インド史を好む人ならどうしてこういうことになるのかについての説明を要しないだろう。

現状における留意点としては,インドにおける宗教問題は日本人が普通に考えるような簡単なものじゃないということだ。そして,今後,インドの経済発展に伴う貧富の差のますますの拡大が宗教問題とからまって(またはそれを口実にして)激化するおそれが多大だ。

加えて,自然災害のリスクも増大している。

インドは,投資対象国としてはかなりリスキーな国だということを理解しなければならない。

|

« NIST EV SSLガイドラインの動向 | トップページ | CCSU(Central Connecticut State University)のセキュリティコースに在籍する学生が,AppleのRemote Desktopにある脆弱性を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NIST EV SSLガイドラインの動向 | トップページ | CCSU(Central Connecticut State University)のセキュリティコースに在籍する学生が,AppleのRemote Desktopにある脆弱性を発見 »