« 米国:防衛関連企業のサーバで,バックドアをつくるトロイの木馬Hikitが検出されたようだ | トップページ | オサマビンラディン襲撃・殺害事件の真相? »

2012年8月29日 (水曜日)

Team GhostShellを名乗るグループが,MidasBank及びOphiusLabを名乗るグループと共に世界中の多数のサーバをハックしたようだ

下記の記事が出ている。

 Massive Leak: Project HellFire Hackers Dump 1 Million Accounts from 100 Sites
 Network World: August 28, 2012
 http://www.networkworld.com/community/blog/massive-leak-project-hellfire-hackers-dump-1-million-accounts-100-sites

 GhostShell Haunts Websites With SQL Injection
 dark READING: August 28, 2012
 http://www.darkreading.com/identity-and-access-management/167901114/security/attacks-breaches/240006425/ghostshell-haunts-websites-with-sql-injection.html

 1 MILLION accounts leaked in megahack on banks, websites
 Registe: 28 August, 2012
 http://www.theregister.co.uk/2012/08/28/team_ghostshell_megahack/

ハックされたサーバは多数のようなのだが,その中にはデータベースサーバも含まれている。そして,「six billion databases from a Chinese mainframe full of Chinese and Japanese technology」という文言があるところから推測すると,中国が日本の技術を盗むために集めたデータを記録していたサーバもハックされたということになるのではないかと思う。こういうかたちで悪事がばれるとは予想していなかったことだろう。なお,リークされたデータベースの記録内容は既に世界中にばらまかれてしまっているだろうと推測されるので,少なくとも機密データとしての意味を失ってしまっている可能性が高い。

|

« 米国:防衛関連企業のサーバで,バックドアをつくるトロイの木馬Hikitが検出されたようだ | トップページ | オサマビンラディン襲撃・殺害事件の真相? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:防衛関連企業のサーバで,バックドアをつくるトロイの木馬Hikitが検出されたようだ | トップページ | オサマビンラディン襲撃・殺害事件の真相? »