« パブリッククラウドの導入+BYOD=企業秘密外部流出リスクの増大 | トップページ | 米国:NISTが,BIOS及びファームウェアの保護のためのガイドライン案を公表 »

2012年8月 5日 (日曜日)

米国:使用者が労働者に対して労働者のSNSでのハンドルネームやアカウントなどを明かすように求めることを禁止する法律

下記の記事が出ている。

 Illinois Becomes Third State to Prohibit Employers from Demanding Facebook Information
 EPIC.org: August 2, 2012
 http://epic.org/2012/08/illinois-becomes-third-state-t.html

 Illinois employers can no longer force Facebook password disclosure
 ars technica: August 2, 2012
 http://arstechnica.com/tech-policy/2012/08/illinois-employers-can-no-longer-force-facebook-password-disclosure/

当たり前のことだと思うのだが,米国ではそういうことが現実にあるということなのだろう。

一般に,「匿名であること」は,表現の自由の中の重要な一部分だと理解されている。

それゆえ,著作権法においても,ペンネームなどの変名による著作物等であっても適法・有効な著作物として強く保護している。

|

« パブリッククラウドの導入+BYOD=企業秘密外部流出リスクの増大 | トップページ | 米国:NISTが,BIOS及びファームウェアの保護のためのガイドライン案を公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パブリッククラウドの導入+BYOD=企業秘密外部流出リスクの増大 | トップページ | 米国:NISTが,BIOS及びファームウェアの保護のためのガイドライン案を公表 »