« ShamoonマルウェアはFlameスパイウェアの模倣という見解 | トップページ | Microsoft Windows 8 のライセンス条件には要注意との指摘 »

2012年8月23日 (木曜日)

Safeguarding Critical E-Documents

Amazonに注文していた下記の書籍が届いたので,読んでみた。

 Safeguarding Critical E-Documents: Implementing a Program for Securing Confidential Information Assets
 Robert F. Smallwood
 Wiley (July 31, 2012)
 ISBN-13: 978-1118159088

論じられているところが多岐にわたるので,章によって論述に若干の精粗の差があるが,これは仕方ないことだと思う。

総じて言うと,政府の文書管理の場合,電子メールの場合,SNSの場合,クラウドコンピューティングの場合など,環境の差に応じた個別的な検討結果と,そもそも電子文書のもつライフサイクルから考えたセキュリティのとらえ方を機軸とする横断的な考察とがうまく調和していて,とても読みやすく理解しやすい本だと思う。

付録として巻末に簡単な用語解説等がついているので,個々の専門用語を知らない人でも一応何のことを言っているのかを推測することは可能だろう。

難を言えば,リファレンスがあまりしっかりしていないので,より深く研究したい人にとってはちょっとがっかり感があるかもしれない。

これら長所・短所を全部考慮した上で評価すると,お勧めの一冊だと思う。

|

« ShamoonマルウェアはFlameスパイウェアの模倣という見解 | トップページ | Microsoft Windows 8 のライセンス条件には要注意との指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ShamoonマルウェアはFlameスパイウェアの模倣という見解 | トップページ | Microsoft Windows 8 のライセンス条件には要注意との指摘 »