« 警察庁:サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢(平成24年上半期)について | トップページ | IPA:「パーソナル情報保護とIT技術の調査」報告書 »

2012年8月24日 (金曜日)

米国:NISTが,離散対数暗号を使用したペアワイズ鍵の確立方法に関する推奨事項案(Recommendation for Pair-Wise Key-Establishment Schemes Using Discrete Logarithm Cryptography(draft))を公表

下記のところで公表されている。

 Recommendation for Pair-Wise Key-Establishment Schemes Using Discrete Logarithm Cryptography (Draft Revision)
 NIST: August 2012
 http://csrc.nist.gov/publications/drafts/800-56a/draft-sp-800-56a.pdf

改訂する部分は,この文書の130頁以下のところにあるAppendix D: Revisions (Informative)に記載されている。

なお,関連文書として,下記の文書(案)も公開されている。

 Requirements and Desirable Features of U.S. Federal Cryptographic Key Management Systems
 NIST: August, 2012
 http://csrc.nist.gov/publications/drafts/800-152/draft-sp-800-152.pdf

|

« 警察庁:サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢(平成24年上半期)について | トップページ | IPA:「パーソナル情報保護とIT技術の調査」報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 警察庁:サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢(平成24年上半期)について | トップページ | IPA:「パーソナル情報保護とIT技術の調査」報告書 »