« カタール:RasGasの天然ガスプラント用サーバがマルウェア感染していたようだ | トップページ | インド:通信分野及びインフラ分野において,中国製電子部品や製品等の規制を強化-スパイ装置である疑いがあるため基本的に排除 »

2012年8月31日 (金曜日)

スカート内の下着盗撮

連日のようにスカート内の盗撮事件の報道があるが,今度はIBMの元社長だそうだ。

 日本IBM元社長、iPod使って女性のスカート内盗撮
 報知新聞:2012年8月31日
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120831-OHT1T00025.htm

 日本IBM元社長が盗撮容疑 警視庁が書類送検へ 駅で女性のスカート内にiPod入れ
 産経ニュース: 2012.8.30
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120830/crm12083013160012-n1.htm

上記報道によれば,「日本IBMによれば、大歳元社長は最高顧問を辞任。また、社外取締役を務めていた三菱UFJファイナンシャル・グループ、明治安田生命保険、花王、TOTO、カルビーの5社も辞任を発表した。」とのこと。これらの会社の中の何社かについては,まったく別の件でちょっと問題になっていることがあり,その対応に追われている最中なのに,このような事件が発生するとはとんでもない迷惑のようにも見えるが,社外取締役として選任したのは当該企業なので,あくまでも自己責任(自業自得)の範囲内にある。

さて,私は,そのような被写体(スカート内の下着等)に対しては全く興味がない。

盗撮がばれれば逮捕されるかもしれないし,逮捕されれば社会的地位と名誉の一切を失ってしまうリスクがあるのに,どうして盗撮を敢行してしまうのか理解できない。

もちろん,私もごく普通の♂の一員だから,普通に性欲はあるし,性的好奇心もある。

しかし,女性の下着を見ても何も感じない。

単なる物品に過ぎないではないか。デパートやスーパーに行けば,いくらでも展示し販売している。

そこでちょっと想像してみるのだが,思念コントロール兵器が用いられているとしたらどうなのだろうか?

つっこみたくないのに急にアクセスをふかして歩行者の列に自動車を猛烈な速度で突入させてしまう。死ぬ理由が全くないのに,突然ビルの屋上などから飛び降りる。お金をいっぱいもっているのに盗んでしまう・・・全然興味がないのに盗撮してしまう。

証拠が全く残らないので,弁護人として弁護のしようがなく,世界中の裁判官の誰一人として信じてはくれない。

何しろ,「意思理論(=自由意思が存在するということを大前提として構築された法哲学上の理論体系)」が反故にされてしまった状況というものを理解すること自体がそもそも非常に難しい。単なる秀才レベル程度の法律家では想定不可能なことだろう。

私は,「処理主義」に基づく理論構成の努力を,1997年以来ずっと続けている。「自由意思」が存在し得ない状況でも維持可能な理論体系としては,結論としてはそれしかあり得ないからだ。

そのような研究を続けているのは,たぶん,世界中で私しかいなくなってしまっただろうと思う。

途中までは面白がって一緒のテーマで研究する学者もいることはいた。しかし,対象を理解するために量子力学や細胞化学や遺伝子学や生物学や環境学や地質学等を基本から全部学び直さなければならないと知ると、ひとりまたひとりと抜けていき,今では私だけになってしまった。

だから,誰も(属性値を全部抜いた場合の)「個人」を定義できないままでいるのだ。

理系出身の某氏は,「動物であるヒト(ホモサピエンス)の個体を個人と呼ぶのに決まっているじゃないですか」と言う。しかし、「動物であるヒト(ホモサピエンス)の」は属性値なので,属性値を使って説明する限り,彼の定義は誤りだ。属性値の部分を取り除くと,「個人」とは「個体」である・・・となるのだが,これでは何も定義していないのと同じになる。

定義できない単なる「文字列」(空集合)に過ぎないというのが最も正しい理解だ。つまり,内容は何もない。

全ての個人情報保護法制は,このように定義できない要素を基本概念として用いて構築されているものだから,その法システムの全てが無効である可能性が(少なくとも理論上は)ある。この点については,更に研究を進めている。

OECDの8原則以来,人々は,実体の全くない妄想のようなものをベースに思考し社会制度を組み立ててきたのかもしれない。「自己情報コントロール権説」はその極みと言えるだろう。このことは何度も書いてきたのだが,その分野にはとても頭の悪いヒトが多いらしく,私の指摘を全く理解できない状態にあるように思われる。

ともあれ,「個人」は,何も内容のない符号列なので,逆にいかように使うこともできる。

社会的なツールとして「個人」という符号列がどのように機能しているかを観察することが重要だ。

ドグマ的に(偉そうに)理屈をこねてみても,それは,張子の虎のようなものだ。


[このブログ内の関連記事]

人間の思考に対するハッキングの可能性
http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-aa2b.html

人間の思考を読み取る装置(EEGヘッドセット)
http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/eeg-23a4.html

|

« カタール:RasGasの天然ガスプラント用サーバがマルウェア感染していたようだ | トップページ | インド:通信分野及びインフラ分野において,中国製電子部品や製品等の規制を強化-スパイ装置である疑いがあるため基本的に排除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カタール:RasGasの天然ガスプラント用サーバがマルウェア感染していたようだ | トップページ | インド:通信分野及びインフラ分野において,中国製電子部品や製品等の規制を強化-スパイ装置である疑いがあるため基本的に排除 »