« GizmodoのTwitterアカウントがハックされたようだ | トップページ | プライバシー保護の法令やポリシーと関係なく機能するスパイ行為を国家が実行する場合には,クラウドコンピュータ内のデータについても機密性は維持されない »

2012年8月 4日 (土曜日)

インド:クラウドコンピューティング,モバイルアプリ,無線通信の普及によりサイバー犯罪捜査の困難性が増大

下記の記事が出ている。

 New technology pose challenge to investigating agencies
 Economic Times: 3 August, 2012
 http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/new-technology-pose-challenge-to-investigating-agencies/articleshow/15341868.cms

たしかに,サイバー攻撃の主体が国家である場合(nation sponsored)には,警察による捜査の前に大きな壁が立ちはだかる。また,サイバー犯罪が外国のクラウドコンピュータを駆使して実行されている場合,犯罪の証拠を確保しようがない場合がある(国内では,攻撃の結果としてのパケットが到来したことを示す証拠しか入手できない。)。

もちろん,サイバー犯罪加盟国であれば,相互に捜査上の国際協力をすることが可能なはずなのだが,各国の捜査能力等が異なっていることから十分な捜査を遂げることができない場合が少なくないし,そもそも予算がないという理由で協力を求めることができない場合もある。

とりわけ,インドの場合,攻撃者がパキスタン,バングラデシュ,中国などの政治グループまたは国家軍と推定される場合があり,これではまるで捜査できない。

|

« GizmodoのTwitterアカウントがハックされたようだ | トップページ | プライバシー保護の法令やポリシーと関係なく機能するスパイ行為を国家が実行する場合には,クラウドコンピュータ内のデータについても機密性は維持されない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GizmodoのTwitterアカウントがハックされたようだ | トップページ | プライバシー保護の法令やポリシーと関係なく機能するスパイ行為を国家が実行する場合には,クラウドコンピュータ内のデータについても機密性は維持されない »