« イスラエル:政府のWebサイトがハックされたようだ | トップページ | 富士通・ドコモ・NECがスマートフォン用半導体チップを製造する合弁会社を設立 »

2012年8月 2日 (木曜日)

Lawful Interception as a Cloud Service (LIaaS)? - ETSIのクラウド通信傍受ガイドライン案

下記のところで公開されている。

 ETSI DTR 101 567 V0.0.5
 Lawful Interception (LI); Cloud/Virtual Services (CLI)
 April 2012
 http://www.3gpp.org/ftp/tsg_sa/WG3_Security/TSGS3_LI/2012_45_Bratislava/SA3LI12_044.doc

ここでいう「Lawful Interception」とは,裁判所が発した令状(通信傍受令状等)に基づく警察(law enforcement officer)による通信傍受のことを指している。

なお,この関連で,次のような記事が出ている。

 ETSI standard for lawful interception triggers privacy questions
 EDRI: 1 August, 2012
 http://www.edri.org/edrigram/number10.15/etsi-lawful-implementation-standard

|

« イスラエル:政府のWebサイトがハックされたようだ | トップページ | 富士通・ドコモ・NECがスマートフォン用半導体チップを製造する合弁会社を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イスラエル:政府のWebサイトがハックされたようだ | トップページ | 富士通・ドコモ・NECがスマートフォン用半導体チップを製造する合弁会社を設立 »