« 天然ガス施設運用権詐欺 | トップページ | 米国:国防省のクラウド戦略 »

2012年7月14日 (土曜日)

「でんき予報」の信頼性は?

下記の記事が出ている。

 関電「でんき予報」に漂う“不信感”…大飯再稼働でも改善せず
 産経ニュース: 2012.7.14
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120714/wec12071418000003-n1.htm

電力業界べったりの産経でさえこういう記事を書くのだから,よほどのことなのだろうと思う。

では,なぜこういう欺瞞的なことまでして大飯原発の再稼働を急いだのか?

それについては別に記事を書いてある。興味のある方は,探してみてください。

|

« 天然ガス施設運用権詐欺 | トップページ | 米国:国防省のクラウド戦略 »

コメント

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年7月14日 (土曜日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天然ガス施設運用権詐欺 | トップページ | 米国:国防省のクラウド戦略 »