« グローバルクリーンアップ-FBIが多数のサーバを強制遮断したことにより30万人以上のネット利用者が影響を受けたようだ | トップページ | ACTA:オーストラリアとニュージーランドも脱退か? »

2012年7月10日 (火曜日)

英国:電源関係の重大トラブルのため基幹回線及び重要データセンターがダウン

下記の記事が出ている。

 Level 3's UPS burnout sends websites down in flames
 Register: 10 July, 2012
 http://www.theregister.co.uk/2012/07/10/data_centre_power_cut/

ロンドンで開催予定のオリンピックは大丈夫なのだろうか?

英国では,サッチャー政権時代の政策に起因して,インフラ部分の物理的脆弱性が極めて高い。

なお,一般に,世界のどこにおいても,パブリッククラウドを含むデータセンターの関係では,物理層の安全性が極めて駄目な場合がむしろ普通のように思われる。要するに,砂上楼閣だ。

|

« グローバルクリーンアップ-FBIが多数のサーバを強制遮断したことにより30万人以上のネット利用者が影響を受けたようだ | トップページ | ACTA:オーストラリアとニュージーランドも脱退か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グローバルクリーンアップ-FBIが多数のサーバを強制遮断したことにより30万人以上のネット利用者が影響を受けたようだ | トップページ | ACTA:オーストラリアとニュージーランドも脱退か? »