« SQLインジェクション攻撃が増加 | トップページ | 英国:たとえMicrosoftやAmazonのクラウドが英国のデータ保護基準を保証するものでなくても,英国の利用者はクラウド内のデータについて英国の基準に従うべきことが強制される »

2012年7月30日 (月曜日)

検察の病巣?

下記の記事が出ている。

 検察捜査の「病巣」の深さ お粗末な無罪論告に思う
 産経ニュース: 2012.7.30
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120730/waf12073007080004-n1.htm

久しぶりに非常に良い記事だと思う。

この調子で,他の冤罪事件や無罪事件等についてもどんどん記事を書いて欲しいと切に願う。そして,それらの事件における検察捜査,マスコミ報道及び検察審査会のあり方の病巣についても徹底的に報道してもらいたいものだと思う。

なお,あくまでも一般論だが,無罪で終わった事件でも,逮捕当初には「極悪人」扱いの新聞記事となっているものがかなり多数ある。

ところが,当該新聞の復刻版を読むと,なぜかその問題の記事があったはずの場所から問題の記事が消えうせ,妙な宣伝広告に置き換えられていたりすることがあるので,原本の探索が欠かせない。

そして,原本を探し出して丁寧に読むことにしている。

大学では,学生に対して,必ず1次資料にあたるように指導している。

しかし,安直に「ネットで探しておしまい」ということに慣れっこになっている学生が少なくないようだ。

原典にあたることの重要性を全く理解できないと推定される学生の書いたレポート等を読みながら,暗澹たる気持ちになることが時々ある。

レポートを採点してみると,結局,図書館等で地道に関連書籍を読み,必要であれば関連官庁や企業等に赴いて担当者から説明を受け,時間をかけて考えた上で書かれたと推定されるレポートが良い成績となる。

当たり前と言えば当たり前のことなのだが,その当たり前のことをきちんとやれる学生は,やはり「優秀な学生」なのだろうといつも思う。

その真の優秀さを維持し,良い人生を送ってもらいたい。常に心からそう願っている。

|

« SQLインジェクション攻撃が増加 | トップページ | 英国:たとえMicrosoftやAmazonのクラウドが英国のデータ保護基準を保証するものでなくても,英国の利用者はクラウド内のデータについて英国の基準に従うべきことが強制される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SQLインジェクション攻撃が増加 | トップページ | 英国:たとえMicrosoftやAmazonのクラウドが英国のデータ保護基準を保証するものでなくても,英国の利用者はクラウド内のデータについて英国の基準に従うべきことが強制される »