« 重なり合うウィンドウ画面は過去のもの? | トップページ | グローバルクリーンアップ-FBIが多数のサーバを強制遮断したことにより30万人以上のネット利用者が影響を受けたようだ »

2012年7月 9日 (月曜日)

EU:欧州最高裁が,中古ソフトウェアのライセンス再販売は適法行為であるとの判決

下記の記事が出ている。

 EU court rules resale of used software licenses is legal -- even online
 Computer World: July 3, 2012
 http://www.computerworld.com/s/article/9228762/EU_court_rules_resale_of_used_software_licenses_is_legal_even_online

 The knock on effect of the EU decision on reselling software
 ZDNet: July 3, 2012
 http://www.zdnet.com/the-knock-on-effect-of-the-eu-decision-on-reselling-software-7000000199/

 News Analysis: UsedSoft Vs Oracle Ruling Opens Up Monopolistic Practices By Software Vendors
 Forbes: July 4, 2012
 http://www.forbes.com/sites/raywang/2012/07/04/news-analysis-usedsoft-vs-oracle-ruling-opens-up-monopolistic-practices-by-software-vendors/

この事件は,CDやDVDなどの物理媒体に記録されたソフトウェアに関するものなので,基本的には物品の再販売と同じようなかたちで理解することが可能な範囲内のものかもしれない。

しかし,本質的には,ソフトウェアライセンスの再販売に関するものだ。だから,物体とは切り離して考察することができる。

パブリッククラウド(SaaSなど)では,このような問題が生ずる余地はないかもしれない。しかし,今度は,「独占」の問題が濃厚に浮かび上がってしまうことになるだろう。

|

« 重なり合うウィンドウ画面は過去のもの? | トップページ | グローバルクリーンアップ-FBIが多数のサーバを強制遮断したことにより30万人以上のネット利用者が影響を受けたようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 重なり合うウィンドウ画面は過去のもの? | トップページ | グローバルクリーンアップ-FBIが多数のサーバを強制遮断したことにより30万人以上のネット利用者が影響を受けたようだ »