« 総務省:平成24年版情報通信白書 | トップページ | Artema HybridのPOS端末はリモートでハック可能との調査結果 »

2012年7月18日 (水曜日)

中東:イラン,イスラエル,アフガニスタンなどの重要インフラで,トロイの木馬Madiの感染がひろがる

下記のとおり。

 New 'Madi' cyber-espionage campaign targets Iran AND Israel
 Register: 17 July, 2012
 http://www.theregister.co.uk/2012/07/17/madi_cyber_espionage_campaign/

Stuxnet,Duqu,Flame等と同じ国家ベースでのサイバー攻撃(サイバー戦用のサイバー兵器)の一種ではないかと思われる。

世界は常に戦争状態の中にあり,毎分・毎秒,世界中のほとんどすべての地域において激しい戦闘が繰り返されている。ただし,電子的にしかなされていないことが多いので,普通の人には「自分が戦場の真っ只中で集中砲火を浴び続けている」という事実が認識されない。

しかし,実は電子的でない攻撃の場合でも,攻撃を受け続けていることに気づかないことがある。例えば,生体に害を及ぼす殺人ウイルスが世界的に感染域を拡大したとしても,その潜伏期間が長く発症までに何年もかかるような場合には,誰も気づかないで時間を経過してしまうのと同じことだ。しかし,この例の場合,明らかに,大量絶滅(特定の民族や特定の国家の国民などの皆殺し)の日が明確に予定されていることになる。「知らないことは幸福」ということなのだろう。

この分野に関する限り,従来の法理論は全く役にたたなくなっている。関連分野の法学者は,これまでの知識・経験を全て完全に捨て去り,自分が現代のグロチウスになったつもりで全く新しい法哲学を構築する努力をしなければならない。それができない者は,教壇を去るべきだ。

[追記:2012年7月19日]

関連記事を追加する。

 Two thirds of Madi cyber espionage targets based in Israel
 Guardian: 18 July, 2012
 http://www.guardian.co.uk/technology/2012/jul/18/madi-cyber-espionage-israel

[追記:2012年7月27日]

関連記事を追加する。

 Iran bezeichnet Mahdi-Trojaner als zu simpel
 Spiegel: 23 July, 2012
 http://www.spiegel.de/netzwelt/web/iran-streitet-mahdi-entwicklung-ab-a-845855.html

|

« 総務省:平成24年版情報通信白書 | トップページ | Artema HybridのPOS端末はリモートでハック可能との調査結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総務省:平成24年版情報通信白書 | トップページ | Artema HybridのPOS端末はリモートでハック可能との調査結果 »