« NTTドコモのスマートフォン管理サーバに障害発生-パスワード等が勝手に書き換えられ利用者が適正に管理できない | トップページ | 脱法ハーブ:傷害罪による立件が可能ではないか? »

2012年7月26日 (木曜日)

DARPA:スマートフォンではセキュリティパッチが迅速に配布されていないためマルウェアの感染と被害発生が多いとの指摘

下記の記事が出ている。

 DARPA-Funded Service Seeks Flaws In Smartphones
 dark READING: July 24, 2012
 http://www.darkreading.com/security-services/167801101/security/attacks-breaches/240004217/darpa-funded-service-seeks-flaws-in-smartphones.html

なお,私見によれば,脆弱性があるのはモバイル端末だけではない。一般に,スマートフォンの管理サーバには多くの脆弱性がある。その多くは,トラフィックが従来型の携帯電話とは桁違いに多いということを考慮に入れていないため,負荷によってDDoS攻撃が成功しやすいとった初歩的なものから,多種多様のアプリが送受信する異常に複雑なトラフィックを管理しきれないといったタイプの問題まで様々ある。

解決策は簡単で,スマートフォンの個体識別及びGPS情報処理を全部カットしてしまうことだ。これによって,サービス提供がかなり安定し,システム全体の安全性が高まる。

|

« NTTドコモのスマートフォン管理サーバに障害発生-パスワード等が勝手に書き換えられ利用者が適正に管理できない | トップページ | 脱法ハーブ:傷害罪による立件が可能ではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NTTドコモのスマートフォン管理サーバに障害発生-パスワード等が勝手に書き換えられ利用者が適正に管理できない | トップページ | 脱法ハーブ:傷害罪による立件が可能ではないか? »