« 他人の銀行アカウントなどを密かに奪い取るためのソフトウェア(マルウェア)が更に進化? | トップページ | スマートフォンの使い過ぎなどで健康被害のおそれがあるとの指摘-画面の奴隷(スクリーンスレイブ) »

2012年6月19日 (火曜日)

Human Identification: The Use of DNA Markers

まだ読んでいなかったのでAmazonに注文していた下記の書籍が届いた。

 Human Identification: The Use of DNA Markers (Contemporary Issues in Genetics and Evolution)
 Bruce S. Weir (Ed.)
 Kluwer Academic Publishers (September 30, 1995)
 ISBN-13: 978-0792335207

プライバシー法や個人情報保護法等を専攻する法律家にとっては必備の一冊なのではないかと思う。

なお,現実のDNA Marker技術は,この本に書かれているよりも更に高度なものとなっている。その内容については専門論文を渉猟しなければわからないことが多いのだけれども,その努力を怠ることは決して許されない。

|

« 他人の銀行アカウントなどを密かに奪い取るためのソフトウェア(マルウェア)が更に進化? | トップページ | スマートフォンの使い過ぎなどで健康被害のおそれがあるとの指摘-画面の奴隷(スクリーンスレイブ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他人の銀行アカウントなどを密かに奪い取るためのソフトウェア(マルウェア)が更に進化? | トップページ | スマートフォンの使い過ぎなどで健康被害のおそれがあるとの指摘-画面の奴隷(スクリーンスレイブ) »