« ドイツ:YouTubeが著作権侵害訴訟で敗訴 | トップページ | フィリピン:フィリピン大学のWebサイトがハックされたようだ »

2012年4月21日 (土曜日)

米国にある薄熙来氏のスキャンダルを扱う中国語WebサイトがDoS攻撃を受けてダウンしたようだ

下記の記事が出ている。

 US website covering China's Bo Xilai scandal hacked
 BBC: 21 April 2012
 http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-china-17796810

 Cyber-attack cripples US website covering Bo Xilai scandal
 Guardian: 20 April 2012
 http://www.guardian.co.uk/technology/2012/apr/20/cyber-attack-boxun-com-bo-xilai

[追記:2012年4月22日]

関連記事を追加する。

 Now Chinese censors try to silence U.S. website behind ex-pat murder revelations with crippling cyber attack
 Daily Mail: 21 April 2012
 http://www.dailymail.co.uk/news/article-2133227/Now-Chinese-censors-try-silence-U-S-website-ex-pat-murder-revelations-crippling-cyber-attack.html

「言論の自由」は,国家(軍や諜報機関等)に支援された国境を越えたサイバー攻撃によって破壊されつつあると理解することができる。

最終的には,リアルな物理戦争(世界戦争)に移行する可能性が高い。

[追記:2012年4月25日]

関連記事を追加する。

 Hacker Attack Underlines Web Role in China Scandal
 SCI-Tech Today: April 23, 2012
 http://www.sci-tech-today.com/news/Site-Covering-China-Scandal-Hacked/story.xhtml?story_id=11300CM9YRO8

|

« ドイツ:YouTubeが著作権侵害訴訟で敗訴 | トップページ | フィリピン:フィリピン大学のWebサイトがハックされたようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツ:YouTubeが著作権侵害訴訟で敗訴 | トップページ | フィリピン:フィリピン大学のWebサイトがハックされたようだ »