« 非常に多数のMacがFlashbackというトロイの木馬に汚染されているとの指摘 | トップページ | Sky Newsが2件のコンピュータハッキングについて実行したことを認める »

2012年4月 6日 (金曜日)

産経の記事は差別と人権侵害を助長するおそれ

下記の記事が出ている。

 サッチャーのいない国(5)「女性には無理」バネに
 産経ニュース: 2012.4.6
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120406/biz12040607380003-n2.htm

この記事の中に「成功の大きな原動力も、顧客や部下の心をつかむ、女性ならではの卓越したコミュニケーション力だった。」というくだりがある。

人間の中に「顧客や部下の心をつかむ卓越したコミュニケーション力」をもつ者ともたない者があることは事実だと思う。しかし,有意な男女差があるということは絶対に証明できないことだと信ずる。男性であれ女性であれ中性であれ何であれ,性差には関係なく,「顧客や部下の心をつかむ卓越したコミュニケーション力」をもつ者はそのような能力を持っているという言い方しかできない。

上記の産経の記事は,男性差別的であり,人権侵害的であると判断する。

誤解のないように言っておくと,私は,女性蔑視主義者ではないし男性優位主義者でもない。同様に,男性蔑視主義者でも女性優位主義者でもない。

基本的に,ビジネス上の能力に関する限り,「性差による能力差があるという事実を合理的に証明することは不可能または著しく困難だ」と考えているだけだ。

加えて,そもそも何を基準として「女性」または「男性」と考えるのか,そのこと自体がかなり不透明な時代になってしまっていることも忘れてはならない。

|

« 非常に多数のMacがFlashbackというトロイの木馬に汚染されているとの指摘 | トップページ | Sky Newsが2件のコンピュータハッキングについて実行したことを認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非常に多数のMacがFlashbackというトロイの木馬に汚染されているとの指摘 | トップページ | Sky Newsが2件のコンピュータハッキングについて実行したことを認める »