« スマートフォン用アプリの情報セキュリティ上の脅威が高まる | トップページ | 米国:バージニア銀行(Bank of Virginia)のWebサイトがハックされたようだ »

2012年4月23日 (月曜日)

米国:照明用LED電球の普及を促進

下記の記事が出ている。

 US introduces $60 LED light bulb
 BBC: 22 April 2012
 http://www.bbc.com/news/technology-17788178

 The Upgrader's Lament: When to Buy Philips' New LED Bulb?
 PC Magazine: April 22, 2012
 http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2403369,00.asp

「60ドル」が高いか安いかはわからないが,何年もしない間にとても安いLED電球が大量生産されることになるだろう。安売り競争は,勝者のない消耗戦になりやすい。そのために価格協定も横行することになるが,抜け駆け的に安売りをする事業者が必ず発生するから,やはり勝者のない消耗戦が続く可能性が高い。

私の予想では,LED電球1個10ドル未満が当たり前になるだろうと思う。

消費者にとっては大いに歓迎すべきことかもしれないが・・・

なお,粗悪品が必ず大量に流通することになると予測される。監督官庁は,監視の目を強化して欲しい。

|

« スマートフォン用アプリの情報セキュリティ上の脅威が高まる | トップページ | 米国:バージニア銀行(Bank of Virginia)のWebサイトがハックされたようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スマートフォン用アプリの情報セキュリティ上の脅威が高まる | トップページ | 米国:バージニア銀行(Bank of Virginia)のWebサイトがハックされたようだ »