« 最悪の情報犯罪は企業の内部者によるものとの調査結果 | トップページ | イランの原子力施設にStuxnetをしかけることを計画したのはイラン・イスラエルの二重スパイ? »

2012年4月14日 (土曜日)

新幹線の地震対策

東日本大震災による大きな振動によっても新幹線が脱線事故を起こすことはなかった。これは,JRの早期警戒システムが健全に機能した結果であり,まさに賞賛に値する。

今後,更に改善を重ね,よりよいシステムにしてもらいたいものだと思う。

ところで,この早期警戒システムが機能しない場合があり得る。それは,特定の新幹線車両が高速走行しているまさにその直下で大地震が発生した場合だ。震源地が遠くにあるのではなく,まさに直下なので,防御システムが作動する前に当該車両や線路等に対して巨大な衝撃が加えられることになる。

したがって,そのような場合も想定したシステムの改善が望まれる。

「巨大地震はプレート境界付近でのみ発生する」という物理法則は存在しない。

|

« 最悪の情報犯罪は企業の内部者によるものとの調査結果 | トップページ | イランの原子力施設にStuxnetをしかけることを計画したのはイラン・イスラエルの二重スパイ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最悪の情報犯罪は企業の内部者によるものとの調査結果 | トップページ | イランの原子力施設にStuxnetをしかけることを計画したのはイラン・イスラエルの二重スパイ? »