« Web上のトラフィックの30パーセントはポルノ関係との調査結果 | トップページ | GoogleがパブリッククラウドサービスPicnic.comを閉鎖することによりFlashベースでアニメーション作成等のために利用していたGoogle+の利用者に深刻な影響が出るおそれ »

2012年4月12日 (木曜日)

米国:MySpace上のWebページについてハックされ改ざんされた可能性がある場合の証拠としての許容性に関する裁判所の判断

下記の記事が出ている。参考になると思われる。

 MySpace makes the case: Texas high court affirms admission of defendant's postings in murder trial
 ACC: April 4, 2012
 http://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=b2871bb8-47c7-4ed3-b733-223ee9ea12e1

|

« Web上のトラフィックの30パーセントはポルノ関係との調査結果 | トップページ | GoogleがパブリッククラウドサービスPicnic.comを閉鎖することによりFlashベースでアニメーション作成等のために利用していたGoogle+の利用者に深刻な影響が出るおそれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Web上のトラフィックの30パーセントはポルノ関係との調査結果 | トップページ | GoogleがパブリッククラウドサービスPicnic.comを閉鎖することによりFlashベースでアニメーション作成等のために利用していたGoogle+の利用者に深刻な影響が出るおそれ »