« 警察庁:焦点第280号-平成23年回顧と展望-「サイバー攻撃の情勢と対策」 | トップページ | チェーンメール »

2012年3月30日 (金曜日)

ガンマ線を撮影できるカメラ

下記の記事が出ている。

 ホットスポットを可視化 JAXAがカメラ開発
 産経ニュース: 2012.3.29
 http://sankei.jp.msn.com/science/news/120329/scn12032908050000-n1.htm

現時点では高価なものなのだろうけれど,安価に提供してもらいたいものだと思う。

日本だけではなく,朝鮮や中国を含め,世界各地に放射性廃棄物が大量に不法投棄されている。目に見えないのでそれがわからないだけだ。

もしガンマ線撮影カメラが安価に提供されることになれば,一般人がそれを撮影・発見することが可能となる。

放射能汚染は原発事故だけではなく,結構日常的に身の回りにあるものだということを明確に認識すべきだと思う。世の難病奇病の中には,それが原因となっているものが存在するのに違いない。

ちなみに,いわゆる「心霊写真」の中には,ガンマ線などの影響によりフィルムや印画紙が感光してしまったものが含まれていると考えている。肉眼ではわからないが,フィルムや印画紙は反応してしまうことがあるのだ。

|

« 警察庁:焦点第280号-平成23年回顧と展望-「サイバー攻撃の情勢と対策」 | トップページ | チェーンメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 警察庁:焦点第280号-平成23年回顧と展望-「サイバー攻撃の情勢と対策」 | トップページ | チェーンメール »