« インド:政府関連Webサイトに対するサイバー攻撃が続く | トップページ | 総務省:我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算-2011年11月時点の集計結果の公表 »

2012年3月15日 (木曜日)

太平洋をまたいだストーキング

下記の記事が出ている。

 太平洋越えストーカー 自称米大学院生を逮捕
 産経ニュース: 2012.3.15
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120315/waf12031508030001-n1.htm

昔,パソコン通信のころ,フォーラムで知り合った九州の女性を好きになった東北地方の男性が愛車であるオートバイにまたがり,すごい時間をかけて九州までその女性に逢いに行き,プロポーズした結果,めでたくゴールインすることに成功したということを聞いたことがある。

今回ストーカーとして逮捕された者も,相手の女性が「好き」と思ってくれればうまくいったはずなのだが,相手の気持ちを考えずに自分の気持ちだけで判断したところに大きな問題がある。

一般に,恋愛では自分がイニシアチブを握ることはできず,相手の対応次第というのが普通なのではないかと思われる。自分がどんなに好きでも相手がそう思ってくれなければどうにもならない。

そのため,相手の気をひくためにあの手この手を尽くすことになるのだが・・・

だから,「**の奴隷」や「**の虜」といった類の表現が存在するのだろう。

ちなみに,ヒトのオスに限定して言うと,メスの気をひくために「あの手この手を尽くす」という行動は,鳥類のオスが美しく着飾ったり素晴らしい巣を作ったり美しい声で鳴いたりしてメスの気をひこうとする行動とほとんど変わりがないのではないかと考えられる。

人類は,万物の霊長ではないと思う。

|

« インド:政府関連Webサイトに対するサイバー攻撃が続く | トップページ | 総務省:我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算-2011年11月時点の集計結果の公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インド:政府関連Webサイトに対するサイバー攻撃が続く | トップページ | 総務省:我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算-2011年11月時点の集計結果の公表 »