« ベクターのサーバに不正アクセスがあり,約26万人分の個人情報が流出した可能性 | トップページ | IPA:情報セキュリティ上の10大脅威(2012年版)を公表 »

2012年3月23日 (金曜日)

米国:連邦軍Communications and Electronics Command (CECOM)のサーバがハックされたらしい

下記の記事が出ている。

 User IDs and Clear-Text Passwords Leaked from US Army’s CECOM
 Softpedia: March 22, 2012
 http://news.softpedia.com/news/Usernames-and-Clear-Text-Passwords-Leaked-from-US-Army-s-CECOM-260370.shtml

最高レベルの安全性を誇るサーバであるはずだ。

つまり,いかなるサーバであろうとも,侵入を防ぐ方法はない。

だから,いかなるビジネス(←パブリッククラウドビジネスを含む。)であっても,「自社のサービスは安全だ」とは絶対に述べてはならない。正しくは,「たぶん安全だが,ハックされる可能性を否定することはできない」と述べるべきだ。

|

« ベクターのサーバに不正アクセスがあり,約26万人分の個人情報が流出した可能性 | トップページ | IPA:情報セキュリティ上の10大脅威(2012年版)を公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベクターのサーバに不正アクセスがあり,約26万人分の個人情報が流出した可能性 | トップページ | IPA:情報セキュリティ上の10大脅威(2012年版)を公表 »