« Anonymousがドイツのネオナチを攻撃? | トップページ | インド人のハッカーグループが,シマンテックの5年前のセキュリティソフトのソースコードをリーク »

2012年1月 6日 (金曜日)

グレイウェア(Grayware)

下記の記事が出ている。

 The antivirus industry and the grayware problem
 Help Net Security: 5 January 2012
 http://www.net-security.org/article.php?id=1663

スパイウェアやキーロガー等として機能するソフトウェアであることが明らかであるのに明確にマルウェアとして断定することができないタイプのソフトウェアのことを指す用語らしい。違法性の本質は,他者からの「評価」にあるので,ソフトウェアそれ自体として違法・適法を判定できないのは当然のことというよりも自明のことと思われる。

「違法性」そのものが何らかの「実体」のようなものを有しているわけではない。

ここに,技術系企業や技術者のみによって運営されるセキュリティ企業等が違法行為をコントロールすることの限界がある。

政策判断もまた同じだ。

ちなみに,一部刑法学者等が「違法性」の本質について根本から間違った考えをもっており,このことが議論を紛糾させていることもまた否定しようのない事実だと思われる。

|

« Anonymousがドイツのネオナチを攻撃? | トップページ | インド人のハッカーグループが,シマンテックの5年前のセキュリティソフトのソースコードをリーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Anonymousがドイツのネオナチを攻撃? | トップページ | インド人のハッカーグループが,シマンテックの5年前のセキュリティソフトのソースコードをリーク »