« 米国:消費者に恐怖心を与え製品の購入を催促するスケアウェアを使った商売であるとして,シマンテックに対しクラスアクションが提起されたようだ | トップページ | SOPAを支持していたUFCのサイトがハックされたようだ »

2012年1月23日 (月曜日)

ケニヤ:昨年ケニヤ政府の103のWebサイトに対するハッキングはたった1人の者によるものだったことが判明

下記の記事が出ている。

 How 103 Kenya govt sites were hacked
 Nation: January 22, 2012
 http://www.nation.co.ke/Tech/How+103+govt+sites+were+hacked+/-/1017288/1312336/-/12jcqsdz/-/

要するに,同じ脆弱性があったということに尽きる。

しかし,クラウド環境では,同様の種類のリスクが極度に増大する。

なぜなら,パブリッククラウドの場合,同一の仮想サーバサービスを受けているテナントは(必ず同一の脆弱性があるので)同時に同じ手法で攻撃される危険性があるからだ。

そして,「脆弱性がゼロのシステムなど地球上にたった1つも存在しないこと」は,自明のことだ。パブリッククラウドもその例外ではあり得ない。

|

« 米国:消費者に恐怖心を与え製品の購入を催促するスケアウェアを使った商売であるとして,シマンテックに対しクラスアクションが提起されたようだ | トップページ | SOPAを支持していたUFCのサイトがハックされたようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:消費者に恐怖心を与え製品の購入を催促するスケアウェアを使った商売であるとして,シマンテックに対しクラスアクションが提起されたようだ | トップページ | SOPAを支持していたUFCのサイトがハックされたようだ »